薬を飲む女性

コンビニでもさまざまな胃腸薬が販売されています。
胃腸薬にはドリンクタイプや顆粒タイプなど、様々なものがあります。
いずれも飲みに行く前や後などに、気軽に飲むことができるのが特徴です。
コンビニで販売されている薬は限定されていて、安全性が確保されている、効き目の弱い薬のみに限られています
これは胃腸薬に限らず、風邪薬をはじめとする薬全般にかかっている規制なのです。
それまでは、薬剤師が常駐している店でないと販売できませんでした。
しかし現在では、登録販売者の資格を持つ人がいる店で薬を置くことができるようになりました。
しかし、登録販売者の不足が原因で、現在でも医薬品を販売しているコンビニは少ないのが現状です。
なので、コンビニで販売されている胃腸薬は「医薬部外品」が中心となっています。
このように、ドラッグストアとコンビニで販売できる薬には違いがあり、効き目も変わってくるのです。
胃薬で有名な胃腸薬のブランドでも、ホームページなどでドラッグストア向けの商品とコンビニ向けの商品をわけて紹介しています。
コンビニ向けに販売されている商品には、気軽に飲むことができることにコンセプトを置いている商品があります。
すぐに服用できる1回分の飲みきりタイプの商品まで登場しています。
これだと荷物もかさばらずにすむので、いつでも買うことができます。
薬局やドラッグストアで販売されている胃腸薬は、家庭での常備薬として販売されているものが多く、コンビニで販売されているものと比較すると、量が多く、効き目が強いのが特徴です。
コンビニで販売されている薬は効き目が弱く、思った通りの効能が得られない場合もあり、注意する必要があります。