• ホーム
  • カハール介在細胞の減少によるガスには胃腸薬が効果的

カハール介在細胞の減少によるガスには胃腸薬が効果的

吐いている女性

便秘は病気と意識していない場合もありますが、医学的には機能性腸障害に分類されるものです。
一般的には女性に多く、国民病とも言えるほど多くの人が悩んでいる症状です。
便秘には、機能性便秘と器質性便秘があり、機能性便秘には、一過性の急性便秘と、便秘の状態が日常的に続いている慢性便秘、薬の副作用で起こる医原性便秘に分類されます。
カハール介在細胞は、便秘にも大きく関わっている細胞です。
カハール介在細胞が減少すると、便秘による腹部膨満やガスによる腹痛を覚えるような便秘になり、便意が消失し排便回数は週1回以下になることがあります。
またカハール介在細胞が異常に増殖した場合、腫瘍化することもあるので、多くても少なくても体に影響を与える細胞と言えます。
この便秘には、食物繊維を摂取する事でもともと停滞していた便がさらに増大し、症状が悪化する場合があります。
一般的な便秘には、食物繊維の摂取や水分の摂取が効果的とされていますが、改善どころか症状を悪化させることになるので、注意が必要です。
ガスや軟便、便秘には、胃腸薬や整腸剤が効果的とされています。
胃腸薬や整腸剤は、腸の働きを整え腸内の善玉菌を増やすなどの働きで腸内環境を整えます。
ただ胃腸薬を飲むだけではなく、ストレッチ運動などでも腸の働きはよくなるので、あわせて行うのをおすすめします。
市販の胃腸薬や整腸剤を飲んでも、なかなか症状が改善されない場合、胃や腸にガスが溜まりおなかがいつも張っている場合があります。
便秘だと思って医療機関を受診しない人も少なくありませんが、大腸ガンの可能性もあるので、注意が必要です。
大腸ガンは症状に気づくのが遅くなりやすいガンなので、定期的に検査を受けた方が良いでしょう。
年齢とともにリスクは高まるので、50歳を越えたら大腸の内視鏡検査を受けましょう。