• ホーム
  • 漢方胃腸薬は急性胃腸炎やダイエットに効果のある薬か

漢方胃腸薬は急性胃腸炎やダイエットに効果のある薬か

お腹が痛い男性

今は不安や緊張などのストレスが原因で起こる胃の不調が増えているせいか、症状にあった漢方胃腸薬が選べるよう、市販の薬が増えてきました。
中には急性胃腸炎に効果のあるものも薬局で市販されています。
ただ急性胃腸炎は感染性のものと非感染性のものがあるため、まずはどちらの症状からくる胃腸炎なのかを把握する必要があります。
嘔吐や下痢だけでなく、咳や鼻水など風邪の症状が出ている時は、ウィルス性の場合が多いです。
看病する際に感染しないよう石鹸と流水できちんと手を洗うようにしましょう。
非感染性の場合は、ストレスや暴飲暴食が原因で胃が荒れることから起こるものです。
漢方胃腸薬には胃もたれ消化不良に効く平胃散、自律神経の乱れを改善する安中散、精神安定作用のあるブクリョウなどが入っており、ストレスを和らげ、胃腸を元の状態に戻す働きがあります。
胃腸薬には漢方を含めて様々な種類と効能があるため、症状にあったものを選ぶようにしましょう。
また最近は胃腸薬にはダイエット効果があるとか、消化を助けるので逆に太ってしまうなどの話を聞くようになりましたが、本当にダイエット効果はあるのでしょうか。
またなぜそんな話が聞かれるようになったのでしょうか。
ダイエット効果があるという話には、胃腸の調子が悪く胃腸薬を飲んだところ、体重が増えなかった時期と胃腸薬を服用していた時期が重なっていたことからダイエットに効果があるという話になったのではないかと言われています。
基本的に胃薬には胃の働きを正常に戻し、消化を促す作用のあるものと胃を保護する働きのあるものがあります。
いずれも元の健康な胃に戻す働きはありますが、その際に過剰に栄養素を吸収するのではと思う人もいたようです。
そこから太るという話が広まりましたが、実際には過剰に栄養素を吸収することはありませんので、胃腸薬を服用すると太る話も信憑性はありません。